MENU
条件の良い非公開求人多数あり!ナース人材バンク↓

看護師の転職理由として、潜在的に多い「職場の人間関係」

職場の人間関係で悩む看護師


男性看護師が増えていると言っても、看護師の職場は女性が中心です。そのためというのも変ですが、職場の人間関係に悩む看護師の方は意外と多いものです。

看護師の間にも同僚や先輩、後輩、看護師長との関係がありますし、医師や薬剤師、臨床検査技師などとも関わる機会が多いです。

転職理由として「キャリアアップ」とか「勤務条件の改善」を挙げている人でも、それはあくまでも建前上の理由であり、本音では「職場の人間関係の悪さ」が原因となっているケースも少なくありません。

職場の人間関係が悪くなる2大理由

職場の人間関係が悪い医療機関は、以下のいずれかに該当するケースが多いようです。

1.経営側が、現場スタッフのことを考えていない

看護師や医師など、現場で働くスタッフのことを何も考えずに、病院を運営しているようなところです。全体的に無理を強いられているケースも多く、それによって職場の雰囲気がギスギスしてしまいます。

2.お局や院長が独断で仕切ってしまう

看護師長や院長が絶対的な権力を握っており、その人物の一言で全てが決まってしまう職場です。スタッフは言いたいことが言えず、職場に対して諦めている雰囲気が漂ってしまいます。反発する人もいればゴマをする人も出てきたりして、人間関係が悪くなります。

人間関係の悩みは、転職が一番の解決策です。

こじれた職場の人間関係を解決するのは、転職でリセットしてしまうのが一番です。上記の理由は、いずれも上層部が変わらなければ解決しない問題です。

日本にはたくさんの医療機関がありますし、優れた看護師長や病院長が運営している病院もたくさんあります。そのような職場で働いた方が、毎日伸び伸びと、自分らしく生きることができます。

しかしながら、転職活動中に見ず知らずの病院の人間関係を探るのは、かなり難しいです。そこで活用したいのが、看護師の転職支援サービスですね。

実績のある転職支援サービスはたくさんの看護師の入職をサポートしており、その分医療機関側の情報も熟知しています。あの病院は職場の人間関係が良く、風通しも良いなど、働いている看護師さんからの情報も寄せられているようです。

このため、職場の人間関係を事前に探るためには、看護師の転職支援サービスを活用するのが一番です。その中でおすすめなのが「ナース人材バンク」ですね。

年間10万人以上の看護師の方々が利用しており、職場の内部事情にも精通しています。登録や利用は無料なので、積極的に活用していきましょう!

 ナース人材バンクの公式サイトはこちら↓


兵庫県 看護師 求人

スポンサードリンク