MENU
条件の良い非公開求人多数あり!ナース人材バンク↓

看護師が職務経歴書を書く時のポイント

転職活動中の看護師

看護師が転職する時、履歴書だけでは仕事の経歴や経験などが書ききれないことがあります。そのような時に、これまでの経歴や経験をわかりやすくアピールするのが「職務経歴書」ですね。

看護師の仕事は専門性が高く、より高度な医療施設へ転職する時には職務経歴書が必要不可欠だと思います。その内容によって採用の可否が決定されると言っても過言ではありません。

せっかく素晴らしい経験や経歴を持っていたとしても、職務経歴書の内容がお粗末だとうまく伝わらないので、出来るだけ解かりやすく簡潔にまとめる必要があります。

以下に、看護師が職務経歴書を書く時のポイントをまとめたので、是非ご参考にして頂ければ幸いです。

全体が把握できるように、まずは要約した経歴を記載する。

その後で、それぞれの業務内容を出来るだけ具体的に記入する

何を学んだかを明確に記して、強みや成長性をアピールする

経験した研修や取得した資格は、応募先の募集要項と関係が無くても、しっかりと記載する

職務経歴書は看護師以外の人も見るケースがあるので、業界用語や略語は使わずに、誰でも解かる言葉を使う

一度パソコンで職務経歴書を作ってみたら、一度親しい友人の方などに見てもらいましょう。解かりやすいかどうか判断してもらって、もし解かりづらい内容だったら、訂正が必要かもしれません。

職務経歴書は規定の型が特に無く、工夫次第でとても素晴らしい書類になります。最高の職務経歴書を目指して、まずは積極的に作ってみましょう!

兵庫県 看護師 求人

スポンサードリンク